東京内装仕上技能士会について

沿革

昭和52年3月51年度後期技能試験により床仕上施工技能士が誕生。
これに伴い床施工技能士を中心に内装仕上工事技能士会の設立準備が始まる。
昭和54年2月東京内装仕上技能士会 設立総会開催
昭和54年4月壁装作業技能士・カーテン施工技能士も合流
昭和56年4月床仕上げ技能検定に検定委員、補佐員の派遣(茨城・栃木・千葉の各県)
昭和57年4月東京都技能士連合会(東技連)に入会
昭和59年3月2代目会長 清家 明氏 就任
昭和60年3月技能士会専務理事制の採用
昭和62年6月内装仕上工事技能士会を東京内装仕上技能士会と名称変更
昭和62年10月全床連主催「第1回全国床仕上げ技能競技大会」(大阪)で当会会員・神田清司氏(カーペット系)が優勝
昭和63年9月全床連主催「第2回全国床仕上げ技能競技大会」(東京)で当会会員・山口弘氏(プラスチック系)が優勝
平成元年8月JCIF主催「第3回全国床仕上げ技能競技大会」(仙台)で当会会員・若月季光氏(カーペット系)が優勝
平成2年3月当会事務所移転 台東区東に移転
平成2年9月JCIF主催「第5回全国床仕上げ技能競技大会」(広島)で当会会員・深田建策氏(カーペット系)が優勝
平成5年6月当技能士会 第15回記念総会
会長代行性の導入 久永 至氏会長代行就任
平成6年11月清家会長、勲7等青色桐葉章を授賞
平成7年1月当会事務所移転 豊島区南大塚に移転
平成7年9月JCIF主催「第9回全国区床仕上げ技能競技大会」(長野)で当会会員・荒沢 博氏(カーペット系)が優勝
平成10年3月第17回一級技能士全国技能競技大会(技能グランプリ)で当会会員・角野捷彦氏(カーペット系)で優勝
平成12年6月当技能士会 第22回通常総会にて新会長に飯島 勇氏就任
平成16年3月ドイツ研修旅行に参加
平成19年10月飯島勇会長 現代の名工受章
平成23年11月飯島勇会長 黄綬褒章受章
平成29年2月「第29回技能グランプリ大会」(静岡)で当会会員・山﨑豊氏(壁装職種)が優勝
平成29年11月伊藤正行副会長 黄綬褒章受章
令和4年11月山﨑豊副会長 現代の名工受章

所属団体

所属団体加盟団体数
一般社団法人 全国技能士会連合会92
一般社団法人 東京都技能士会連合会26
一般社団法人 日本内装仕上技能士会連合会
(東京、群馬、埼玉、神奈川、石川、大阪、京都、中国、福岡)