技能オリンピック(技能五輪国際大会)とは

技能五輪国際大会 「WorldSkills Competition」は、参加各国における職業訓練の振興と青年技能者の国際親善を図るため、 2年に1度、世界各国・地域の予選会などを勝ち抜いた 選手が一堂に集い、磨き抜かれた技能を競う競技大会です。 1950年にスペインとポルトガルとの間で第1回大会が開催され、1962年から日本も参加している歴史と伝統のある大会です。 大会はまた、子供たちにとって優れた技能の見学と体験の場でもあり、職業観教育の絶好の機会となっています。

現在61の職種が参加しておりますが、内装仕上部門がないため、次期開催に向けてエントリーできるように準備を進めております。

詳しくは、「WORLD SKILLS JAPAN」の公式サイトをご覧ください。

サイトはこちら